967メモ帳

What is mind? No matter. What is matter? Never mind.

シングル66用ポケモン考察 

2017/01/08
Sun. 03:00

アローラポケモンでステロ覚えるの少なすぎでは
今まで教え技や技マシンに頼ってたツケがキテルグマ

交代戦の多い6vs6では交代時にダメージが入るステルスロックやまきびし、どくびし等は有効で
一貫性の強い地面や格闘を半減無効する飛行に抜群でダメージが入るステルスロックはとても重要です。
今作だと高火力のカプ・コケコ対策で増えるガラガラ(炎霊)に対して有効なのも覚えておきたい。
で、このステルスロックをアローラで覚えるポケモンが圧倒的に少ない。

■ステルスロックを覚えるポケモン(アローラ環境)
氷地マンムー(遺伝)
岩毒ウツロイド(Lv)
電岩ゴローニャA(Lv)
岩ウソッキー(遺伝)
普ドーブル(スケッチ)
鋼岩ダイノーズ(遺伝)
岩ギガイアス(Lv)
岩妖メレシー(Lv)
岩ルガルガン(Lv)
岩飛メテノ(Lv)

以上。これだけ。これだけなんです。






スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

Qさん主催の2vs2大会と企画の進捗について 

2017/01/02
Mon. 19:24

大会の詳しい情報はこちらに。
https://atnd.org/events/84722

重要な部分だけ抜くと

Cクラスクラン経験者(大会上位常連クラン)禁止のダブルス大会です。
大会関係者がオブザーバーで観戦し、試合を実況配信(https://www.twitch.tv/most_in)

参加資格:HALO5:GuardiansにてCクラスクランの経験のない方。
まずCクラスってなんぞやって話になりますが、簡単に言うと大会入賞したクランです。優勝から3位くらいまで。
深く説明すると、以前存在したHalo4の大会を主催していた組織
”Round4”(http://www.round4agc.com/index.html)さんが大会運営と、クランの情報を登録、管理しており、
クランのランクをCOMPETITON、NOVICE、FREE STILEの三種類に分けていました。
そこで大会入賞等していたクランがCクラスクランに該当します。(クラス-COMPETITON該当クラン)
(当時のクランリスト→http://www.round4agc.com/html/AGC2013_html/ALL_LIST_0.html)

ただ、情報はHalo4時代の、2013年までの物になるのでMTC、Halo5になってからは大会等があまり開催されておらず
限りなくCクラスに近いNクラスが多く存在していてかなり熱い大会になるんじゃないかと。


あと書いていて気がつきましたがHalo5でのCクラスなのでHalo4のは関係しない可能性が微レ存?
もしかしなくてもこの大会かなりヤバイ?マ?

と思いましたが公式に回答いただき、Halo5でもCクラスに該当する実力を持つ方には事前に話がいってるようで
本当にヤバイ人はいらっしゃらないみたいです。

それでもかなり熱い大会になりそうです。


大会形式は2vs2のダブルスルールの、ダブルイリミネーション。
ダブルイリミネーションってなんぞやって感じですが、トーナメント制の場合負ければそれで終わりですが、
今回の場合は負けた場合、一度負けたチームでのトーナメントの方に移動してその後も試合をします。
詳しくはダブルイリミネーションを調べばWikiで出てくるので見てください。

大会ルールは主催のゲームタグからブックマークして下さい。





まとめ

やっと大会だぜひゃhっほおおおおpくひひ;hげ;gひけwhgb;
前にあったランク混合大会もかなり盛り上がったしどんどん盛り上げていきたいところ。
自分は弱いから・・・とか思ってる人もまず参加してみることを強く勧めたいです。
大会に出たという経験は絶対無駄にはならない。しかもダブルスで練習したことは絶対経験になる。
私も初めて出た大会はHalo4のダブルスの大会でした。2戦目で敗退してしまいましたが、かなり心臓バクバクで
こんな強い人がこんなに居るのかと驚いたのを今でも覚えてます。
ちなみに初戦の相手は今でも交流のある馬(尻)さんチーム。

今考えている企画もゆくゆくは大会等にも利用していきたいので大会主催とかもしたいですね。
Halo5も発売して1年経ち、これからいつもやっているメンバーでクラン組んだりして少しずつ活動が活発になりそうです。
それを助長できる組織ないしイベントがあればもっとよくなるんじゃないかなと。

ダブルス大会についての話はここまで。
ここから先は考えている企画についてなので興味ない人はバックどうぞ。
ただ多くの人に興味持って欲しいのでよければお付き合い下さい。











※考案中の物なのでこれ沢山の修正が入る予定です。

カスタム限定個人ランキングシステム

運営が主催したカスタムでの試合結果などの情報をポイントに変換し、総合ポイントによるランキング付けをします。
基本的に必ず運営スタッフがオブザーバーとして参加し、試合結果を処理します。
データはEXCELでWEB公開する予定です。

このような企画を考えた理由は2つあります。

1.
現状のHalo5ランキングマッチは回線の影響が大きいため、本人の持つポテンシャルを発揮できないケースが多い。
そのため、比較的回線の影響が少ない、日本人同士で試合ができるカスタムで練習したい。
そのカスタムでもランクが付けば自分の実力の上昇等も分かるのではないか。

2.
カスタム人口の減少、クランの減少、大会の頻度減少
Halo5になり、ランキングマッチをしている方を多く見られますが、クラン活動やカスタム等をしている人は少なく見えます。
定期的にカスタム会を主催することでモチベーション維持に貢献、ランキングシステムを利用したチーム分けによって
より精度の高い実力配分ができればと考えます。
また、ランキングシステムに登録すれば、同ランク帯の人や、その人の特徴がハッキリ出てるので
同じランク同士でパーティを組んだり、クランメンバーに勧誘する等利用していただければと考えています。



総合ポイント
ランキングは総合ポイントによって並び替えされます。
総合ポイント計算には、試合後に見ることができるレポートに表示される項目の数値を扱っており
(スレイヤーレポート)
キル数、アシスト数、自爆数、ヘッドショット数、パーフェクトキル数、守ったプレイヤー数、
重火器入手回数、平均命中率、重火器キル数、
(Capture The Flag レポート)
奪取した旗数、奪還した旗数、旗獲得数、旗手キル数、
(ストロングホールド レポート)
確保数、守護数、ディフェンス数、
(アサルトレポート)
ゴール数、保持時間、

これらを合計し、試合回数で割ります。
分かりやすい用に各ルールで追加されているレポート情報を分けましたが
実際にはスレイヤーレポート+CTFレポートになるので、全てのポイントを加算して総合ポイントを算出します。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-01