FC2ブログ

967メモ帳

What is mind? No matter. What is matter? Never mind.

Haloは何を目指しているのか? 

2017/11/24
Fri. 12:10

Legendx.jpg

久しぶりの投稿です。Haloについての記事は本当に久しぶりですね。これまで色々な事がありました。
そのうち書こうと思いながらも、いざ書こうと思うと尻込みしてしまう感じでした。

迷走(?)を続けるHalo5ですがこれからどうなるのでしょうか。
公式ルールとしてのアリーナのプレイリスト:HCSが突然オッドボールになったり、
武器調整という露骨な改悪調整など。Haloに触れている海外のプロからも沢山の批判が続出しています。
オッドボールの復活は嬉しかったのですが、それを突然HCSのプレイリストを乗っ取って突っ込んだのは如何なものか。
(個人的には武器調整だったはずなのにビークルであるバンシーに対して露骨な弱体化調整を施したのも正直許せません。後述)
とにかく、早くHCSルールの復活と、しっかりとプロ等にアドバイス等受けて武器調整をしてほしいですね。

さて、話は変わりますが最近よく考えることがあります。
それは”人間関係”です。どこでも聞きますね。学校、仕事場、プライベート、果てはゲーム内まで。
自分も人間で、相手も人間である以上考え方の違いや過ちなんてものはいくらでも出てくるのですが、その時にどうリアクションを取るのかというのは一番大切な部分だと考えます。
というのも、私事になりますが、その”リアクション”の取り方を間違ったせいでコミュニティが崩壊しかけたからです。
言葉というのは口から簡単に出てくるわけで、だからこそ慎重に言葉を選ぶ必要があります。特に怒っている時や感情が昂っている状態では辛辣な言葉等が出てきやすくなるので、そういった時にこそ一度冷静になって考えてみて欲しいです。
 
 正直に言えば、相手との関係性や周りへの影響等を考えれば、よくそんなこと言えるなと呆れる事も多いです。
愚痴のようになってしまいますが、本当に自分の行動や発言が相手にどう思われるかを全く考えていない人が多過ぎる印象を受けます。

 そういった発言一つで今まで築き上げた関係に亀裂が入ったりすると、築き上げようと頑張ってきた私としてはとても残念です。正直激おこぷんぷん丸でした。

 私の人を見る目が無いのもありますが、それ以上にそんな人だったんだなと思うと悲しいのもあります。

4人揃っていないのもありますが、カスタムでの招待が減ったような気がします。杞憂であって欲しいのですが。
私としては兄弟クランとして切磋琢磨したかったのですが...謝罪はしたとはいえ、そういった事は根深く残るものです。
一度嫌だなと思った相手とは極力一緒に居たくはないでしょう。自分も似たような経験はあります。

結果的にそういったお誘いが減ってきている現状、杞憂では無いのかもしれません。人が減ってきているのもあるかもしれませんが。
本当に、今まで何度も練習をして勝った負けたで楽しんでいた頃を思い返すと、それがあったのに、なんであんな事言えたんだろうと思います。

 狭いコミュニティですから、もう少し考えて欲しかったです。
私の所属する組織は崩壊するというジンクスが本当に出てきたかもしれませんね。
こういった事があったので、もう組織を引っ張ったり、あれこれ考えたりするのは疲れました。
Halo5がマッチングし辛い現状で、カスタムでのお誘い等も皆無なので正直やる気が起きません。
冷めたのかもしれませんね。
スポンサーサイト



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurokurokuronikki.blog25.fc2.com/tb.php/130-df75f354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-09